小顔と生活習慣

知ってた?小顔と寝方の関係性

小顔に憧れる人の中で、朝の顔のむくみを感じている人は多いかと思います。うん.jpg
起きて鏡を見た時に顔がパンパンだとがっくりしますよね・・・。がっくり.jpg
むくみは皮膚の下に余分な水分が溜まる事によって起こりうるとされています。睡眠.jpg


私も夜眠る前にたくさん水分を摂ったり、
お酒を飲み過ぎたりした翌日はほぼ100%の確立で顔むくみがが発生します。
むくんでしまった顔にはマッサージホットタオルなどが効果があるのは知っていますが、
正直朝の忙しい時間にそんな余裕は無いわけで、
結局そのままメイクをしてしまうなんて事になってしまいます。悩む2.jpg
そんな日の午前中は出来るだけ顔を見られたくないと願うのです・・・。涙5.jpg


このようにまだむくみの原因が明解になっている場合は、「気をつけよう」と反省出来るから良いのですが、
たまに原因が分からないのに朝顔がむくんでいる場合があります。
気になったので調べてみると、その1つに睡眠時の姿勢が関係しているのだと知りました。


まず、枕の有無、高さなどとの関係です。
枕をしなかったり、低すぎる枕を使用している場合には、頭が心臓より低くなってしまい、
血行が悪くなることで顔むくみが発生する
とされています。
私もたまに枕から頭が外れてしまっている事があるんですが、
確かにそういった日の朝は顔がむくんでいる時が多いように思います。汗3.jpg


また、枕の高さが合っていないとリラックスが出来ず、無意識の間に歯を食いしばっている事もあるそうなのです。
歯の食いしばりはエラ張りにも繋がると言われています。気をつけたいですね。嘆き.jpg


そして枕だけではありません。
寝方にも注意が必要です。骨盤のゆがみと顔の骨格のゆがみには関連性があると
「骨盤のゆがみが大顔の元になっている!?」のページでお伝えしましたが、
良くない寝方で寝ていると骨盤がゆがんでしまうそうなのです。
それだけでは無く、背骨、股関節、顎関節などにも負担をかけてしまうと言われています。


今までそんなに寝方は気にしてなかったので、驚きました。パンダ5.jpg
人生の約3分の1は寝ているわけですから、睡眠時の姿勢が関係してくるのは当然の事かもしれませんね。


では実際、どのような寝方が良いのでしょうかはてな2.jpg
うつ伏せで顔をどちらかに曲げて寝る状態は一部に負担が掛かってしまい、ゆがみの元となってしまうとされています。
横向きの場合も同様、どちらか一方に負担が掛かってしまいまいますよね。
またうつ伏せの状態や横向きの状態はお肌にも負担が掛かってしまいます。
グーっと押されている状態は、シワの原因にもなってしまうようですよショック2.jpg


残るは仰向きです。仰向きはどこか一方に負担が掛かることもない為、良いとされています。
顔も上を向いている状態にすれば、お肌への負担もかかりませんよね!
シワ対策にもなるという訳です。
しかし腰痛持ちの方や、仰向きではなかなか寝られないという方もいらっしゃると思います。
寝返りをしやすいように抱き枕を使用するなどして、対処法を取り入れてみて下さいね!


<関連記事>
気付かない所で大顔作りの原因に!?日常生活の癖


セルフで小顔に

 

プロに任せる小顔エステ

 

話題の小顔グッズ

 

小顔に見えるメイク・髪型・ファッション

 

小顔に効く!?サプリメント

 

小顔と芸能人

 

小顔になれない原因

 

小顔と生活習慣

 

目指すは小顔!!私の奮闘記

 

取引通貨単位